とちぎグローバルセミナー2021

「コロナ第2波を乗り越え北インドの人々と共に

コロナ感染予防のカギはモリンガ加工とマスク縫製支援

7月17日、とちぎ国際交流センター(宇都宮)にて開催されました。
現地統括責任者の三浦照男から北インドの活動概況を報告しました。
• コロナ第2波はないと豪語していた人口過密国家インド、しかし予想をはるかに超えた感染爆発により、最も厳しい立場に立たされた貧しい農村の人々。
• 今日も継続中のアーシャの活動は、村の人々と、モリンガを育て、大豆と豆腐のプロジェクトも開始しました。
• 日本とは思考回路の異なる人々のコロナ対策や生活不潔感覚の違い、それを乗り越えて学部内では感染者ゼロ。その要因を現地リポート。
代表理事の三浦孝子は、 チャイの美味しい入れ方、免疫力をアップするモリンガの使い方を紹介しました。

「コロナ第2波を乗り越え北インドの人々と共に」のチラシは こちらから

 

「とちぎグローバルセミナー2021」“世界を感じる” 16 のセミナーのチラシは こちらから