モリンガとおからパウダーを届ける募金

「北インドの貧しい子どもたちを守りたい」

農村の5歳未満児170名の身体測定を行ったところ、日常的に栄養を十分に取れずに慢性栄養不良に陥り、年齢相応の身長まで成長していない子どもの割合は平均56.2%(女児61.5%、男児50.9%)でした。世界平均の22%、インド平均の38%を大きく超えています。 特に、土地を持たず、日雇い労働で生計をたてている下層カーストの貧しい家庭の子どもに多く見られました。

本会は、最も貧しく、苦しい立場に置かれた育ち盛りの子どもたちを守るため、 モリンガとおからのパウダーを届け、その栄養価と利用法を紹介し、子どもたちの身体測定を行う活動を立上げます。

モリンガパウダーも、おからパウダーも、保存性に優れ、カレーやスープに混ぜるなど、手軽に利用で きる栄養食品です。モリンガは、90種以上の栄養・免疫成分が含まれています。おからは大豆タンパク、食物繊維、カルシウム、大豆イソフラボンなどが豊富です。

モリンガ栽培・加工プロジェクトは3年目となり、大豆栽培・豆腐製造プロジェクトは1年が経過しました。この活動では、モリンガパウダーをさらに量産する環境、生おからを粉末状する製造環境を整備する 必要があります。そこで、モリンガおからパウダーを届け募金」の受付を開始しました。子どもたちのすこやかな未来のために、みなさまのご参加をお待ちしています。

募金期間: 2022331日まで  目標金額: 50万円
募金のチラシ こちら!