【コースの目的】
農村の草の根レベルで持続可能な農業・農村開発に従事する献身的な農村リーダー、NGOワーカーを育成すること。

【コースの基本方針】
本コースは、上記に述べた目的のもと、以下の2つの専攻に分かれています。

1) 持続可能な農業専攻・・・有機農業を軸とした、野菜・作物栽培、小規模畜産、マーケティングなどを中心に知識・技術を学ぶ。

(持続可能な農業専攻カリキュラム)
有機農業/土壌/植物防疫法/稲作/栽培養魚/養鶏/園芸など(以上すべて座学)/農業実習(作物・野菜の栽培/炭作り/木酢液作り/農業微生物/自然害虫除去)/個人プロジェクト/その他

2) 農村開発専攻・・・農村生活改善の為に必要な、栄養、農村保健、食品加工、および収入向上などを中心に知識・技術を学ぶ。

(農村開発専攻カリキュラム)
食品加工(小麦粉・食肉・野菜・果実・大豆加工/瓶詰め/パッキング/食品保存)/農村保健/健康調理/家庭菜園/協同組合ショップ運営補助/農村調査/その他(裁縫技術基礎など)

以下のカリキュラムはいずれの専攻でも共通して行います。
座学
有機農業/小規模自然畜産/開発論/農村プロジェクト運営/協同組合マネジメント/その他(コンピューター・英語など)

実習
基礎的な有機農業技術/キノコ栽培/自然養鶏/卵の孵化/農村収入向上プロジェクト(石鹸作り/スクリーン印刷)/商品開発

特別カリキュラム
農村ステイ・調査/NGO・施設見学/スタディツアー/特別イベント運営・参加(スポーツデイ/収穫感謝祭/国際交流)

個々の総合的成長を促す学び
リーダシップ/キリスト教理解/イベント主催・参加/責任やアカウンタビリティを身に付ける/共同生活を通して学びを得る

 

コースの詳細はこちらをご覧ください SCSADパンフレット(2.47MB)
入学願書はこちらからダウンロードしてください 日本人学生入学願書(Word)

お問い合わせ・願書の提出は下記にご連絡下さい。
現地お問い合わせ先:recruitment@ashaasia.org
国内お問合せ先:info.jp@ashaasia.org