農村の子供たちに教育機会を - 僻地貧困家庭への教育支援

特定非営利活動法人アーシャ=アジアの農民と歩む会は、サムヒギンボトム農工科学大学継続教育学部における、アジア諸国の農村に必要な初等教育、高等教育の普及事業を支援しています。

継続教育学部では、現在4村で識字教育、初等教育を中心としたアーシャ希望学校を運営し、アーシャはこの事業において、校舎などの教育環境改善や、指導法の向上を目的とした支援をしています。
また本会より、僻地農村の勉強意欲の高揚と教育レベルの向上を図るために、アラハバード農村地域の子ども達を対象とし、奨学金を支給しています。
2009年度は、3つの対象村に大人の教育の為に農民学校を建設しました。写真左は、2010年1月に開校式を迎えたマエダ村の農民学校です。